会社案内

 当社は令和4年1月5日に設立しました。松阪市・津市・鈴鹿市・亀山市のシティプロモーションに加え、SDGsにおけるクリーンエネルギー(電気保安)の両面から地域の皆様をサポートして参ります。

・地域の課題解決事業
・地域密着運営事業
・地域情報プラットフォーム事業

 異業種交流会やイベントの開催、地域の魅力を紹介して、最新の正しい情報を提供するサポート、 さらには、市のホームページや広報誌だけでは伝わらない情報を、『まいぷれ』という名前で全国47都道府県、各市町村で展開している上場企業、株式会社フューチャーリンクネットワークと連携して事業展開していきます。

代表挨拶

 代表は、学業終了後三重県企業庁の電力発電所にて電気供給業務に40年従事してまいりました。 退職後、三重県内高圧電気事業所の電気保安管理に30年余り関与し、現在に至っております。通算70年、電気の分野から三重県の地域生活を支えてまいりました。
 現在の電気分野においては、日本では、日々電気を当然のように使っていますが、世界では約11億人もの人々が電気を使うことができない状況にあるということを、ご存知でしょうか? 我が国は当たり前のように電気を利用していますが、生活にはとても重要な分野です。

 しかし、火力発電などによる環境への影響も、大変深刻なものとなっています。 世界中すべての人々が、安価かつ信頼のおける持続可能な近代エネルギーにアクセス可能な環境を用意するためには、再生可能エネルギーへのシフトも必要不可欠となってきております。
 SDGsにおけるクリーンエネルギーとは、地球温暖化の要因とされている「二酸化炭素」や大気汚染の一因となっている「硫黄酸化物」などを排出せずに生成される、環境に優しいエネルギーを指します。 化石燃料に代わってバイオマス熱を利用する「新エネルギー」、風力、水力、太陽光発電といった半永久的に利用可能である「再生可能エネルギー」も、クリーンエネルギーとして期待を集めています。 日本でも現在、こういったクリーンエネルギーを積極的に扱っている「新電力会社」も出てきており、大きく変化してきております。 当社も大手電力会社と連携し地域の電気環境に関与していく方針です。

 当社の考える「地域活性化」とは、「地域の付加価値が増していくこと」です。 住む人が地域のことをよく知り、地域がもつ魅力を最大限に引き出すことが重要だと考えています。 あふれる細かな情報、お店・イベント・サークル等の思いを集約し、様々な手法で発信することで地域の人に届けていきたいと考えています。 この仕組みを届けるインフラとして「地域情報プラットフォーム」と定義します。価値ある情報を一つでも多く届けることで、情報流通を最適化し、暮らしや活動を楽しみ、誇りに思えるよう、「地域を活性化していくこと」を目指していきます。 魅力はその地域に住む人が最も良く知っていると考えています。 地域に根差して事業を営む地元事業者とパートナーシップを組み、「地域情報プラットフォーム」をその場とし、埋もれている情報やまだ知られていない情報を集約し、必要としている方に届け続けます。 地域密着の体制を活かし、Webにとどまらない課題解決の活動も行います。

 シティプロモーションは、人口減少が進む先進諸国で近年活発化しています。 特に、SDGsの推進をとおして魅力ある持続可能(サステナビリティ)なまちづくりを進めることは国も奨励しており、今後ますます広がることが予想されます。 SDGs推進によるシティプロモーションを積極的に推進していく計画がはじまり、持続可能なまちづくりを行い地域目線に立ったコンサルティングを行い、課題に適したソリューションの展開を行います。
このような考えから、社名を三重シティプロモーションとさせていただきました。


地域の人々の暮らしに向き合い、貢献する企業として活動してきます
株式会社 三重シティプロモーション

代表取締役 森田亮行

お知らせ

三重シティプロモーションからのお知らせをこちらでご案内いたします

Copyright© mie-city-pro All Rights Reserved.